エンパイアカジノで遊べる全ゲームを分かりやすく解説

エンパイアで人気のブラックジャック ゲーム数は?2つの分類について

エンパイアで人気のブラックジャック ゲーム数は?2つの分類について

エンパイアカジノのブラックジャックは、ソフトウェア版とライブカジノ版で大きく2つに分類されます。ソフトウェア版は一般的なルールのブラックジャックに加えて、スパニッシュやパーフェクトペア、ヨーロピアンとフェイスアップ21、そしてダブルエクスポージャーのブラックジャックが遊べます。ゲーム数は6です。

これに対して、ライブカジノ版は一般的なブラックジャックの1本となります。特殊ルールでは行われませんので、基本ルールを知っていれば楽しめます。ただ、エンパイアカジノの場合はライブカジノ会場が多数設定されており、それぞれの会場ごとで特徴が出ますので、同じゲームであっても、プレイ感が全く変わってくる事があります。そしてライブカジノ版では、通常のゲーム以外にサイドベットゲームが行われます。パーフェクトペア、21+3、ベット・ビハインドの3種類です。設定会場によっては行われないゲームもありますが、通常のルールのブラックジャックを1本と見なして計算するならゲーム数は4となります。

確認すべきポイントとして、エンパイアカジノのライブカジノ版の方では、通常のゲームと同時にサブゲームの方の結果の方も儲けに大きく影響を齎してくる事があります。通常ゲームの方で負けても、サブゲームで取り返せる事も多いですので、サブゲームの数と内容のチェックは必須です。例えばパーフェクトペアの場合、最初に配られた2枚のカードがペアになった場合に払い戻しを受けられますが、その場合の配当が結果によって12倍から25倍という高い物になって来ます。自分は直接ゲームに参加せず、勝つ人を当てるだけという事でベッドビハインドもありますが、こちらの方の配当も無視できない規模になる事が多いです。

これ以外にも、エンパイアカジノではソフトウェア版とライブカジノ版で賭け金のレートが相当に違う事等も確認しておきたいポイントです。ライブカジノ版の方がより高いレートで設定されていますので、自分に合ったレートを探したいという様な事があれば、ライブカジノ版の方でプレイを考えるのも1つの方法です。特にエンパイアカジノは最低0.5ドルから賭けを始められるテーブルから、1000ドル以上を賭けられる高いテーブルまで色々あります。経験が少なく、ルールをまだ熟知していないという様な人が練習するという点でも、良い条件が揃っているとも言えますので、そういった賭け率等の部分もゲーム数と同時に確認しておく事をお勧めします。

最近の投稿